メッセージ

スリムビューティハウスは、今から30年以上前に鍼灸治療院からスタートいたしました。

当時大学を卒業したばかりの私は、女性のために女性が活躍できる職業はないのかとずっと考えていました。そのときにエステティックという職業を知りました。 当時エステティックについて勉強する為には、ヨーロッパやアメリカ等の学校で学ぶのが主流と聞いていましたが、私には時間もお金も余裕がありませんでした。 そのため、日本で勉強できる方法はないかと考えていたところに、鍼灸治療院と出会いました。

私は、鍼灸治療院で修業を積んでいる間に「健康だけでなく美容のためにも通える治療院があれば、若い女性でも気軽に行けるのではないか?」と思い立ち、スリムビューティハウスを創立いたしました。 そして、多くのお客様に安心して通って頂くために、東洋医学と西洋美容を融合させたオリジナルの美容法「オリエンタルエステ」を創り上げました。東洋の「陰陽論」「五行説」「気血水」の理論をベースとし、体を健康な状態へと導くことにより美しくするオリエンタルエステは、研究を重ねた結果、世界各国の学会でも発表できるレベルにすることができました。

エステティックが日本に入ってきてから約50年程になる現在、業界は既に成熟期を迎えています。今や日本女性の美意識は世界のトップレベルです。 そのような背景もあり、様々な美容法が普及している中で、お客様がわたしたちエステティックにさらなる付加価値として求めているものは、「結果」 はもちろんのこと「安心」と「信頼」なのだと考えております。

私たちスリムビューティハウスが考える「安心」と「信頼」とは、法令遵守と健全経営を行ってこそ提供できるものです。法令に基づいた営業体制の確立、お客様の役務をお守りする財務管理の実現は、私たちスリムビューティハウスが自信を持ってお客様に提供できる「安心」と「信頼」です。 それは、スリムビューティハウスを通じて笑顔を手に入れられたお客様、支えてくださったお取引先の皆様、お客様のために一緒に努力を続けてきたスタッフたちのおかげで確立できたブランドです。

また、美容業界ではグレーゾーンといわれ続けている脱毛サービスにおいては、お客様に安全にエステティックサービスをご利用いただくため、2008年より自粛をはじめ、2009年には完全に撤退しました。現在、全ての脱毛サービスは、提携クリニックを紹介しています。

これからもスリムビューティハウスは、皆様への感謝の気持ちを込めて、社会から必要とされる企業であり続けるために、社会貢献にも積極的に取り組みグローバルに活動いたします。
そして、お客様にご満足いただけるよう努力を重ね、多くのお客様の美と健康のサポートをしてまいります。


2015年11月24日

西坂才子 プロフィール

鍼灸師
株式会社スリムビューティハウス 代表取締役
一般社団法人 健康百寿協会 理事
一般財団法人 自由アジア協会 理事
特定非営利活動法人 気血水研究会 理事

青山学院大学卒業後、鍼灸学校に入学。鍼灸師の資格を取得し、武蔵野鍼灸院を開設。
1987年に、東洋医学の理論を取り入れた独自の健康美容法を開発し「株式会社スリムビューティハウス」を設立。現在、国内・海外・アカデミー含め、全国70店舗を展開している。創業以来その効果について研究を重ね、国内および中国・アメリカ・イタリア・マレーシアにて発表。そして、2011年より始めた東京大学との共同研究が、2015年1月に「Journal of Traditional and Complementary Medicine」に掲載。4人の子供の母親。

▲ このページのトップへ戻る