エステサロンにおける急速減量と身体組織の変化

1996年11月に別府市ビーコンプラザで「第17回日本肥満学会」が開催されました。

学会での発表内容

目的

エステティックは古来からの美顔術であり、痩身術ではないが、痩身目的で施術を受けるケースも多い。そこで、大手エステティックサロンでは、栄養士による栄養指導を実施しているのが普通である。

この研究では、サロンで定期的に栄養指導を受けながら3ヶ月間の急速減量を試みたケースを対象に、身体組成に基づく減量の内容の把握と健康状態の評価を行う事を目的とした。

結論

減量前の測定では、対象の大多数が、ウエイトサイクリングを経験していたためか、BMIに比べて体脂肪率がきわめて多いという特徴が見られた。3ヶ月間で8.3±3キログラムの体重減少が見られた。

体脂肪は20±4キログラムから11±3キログラム,全身骨の骨密度は1.16±0.05グラム/平方センチメートルから1.14±0.05グラム/平方センチメートルと有意な変化は見られなかった。減量経過中、血中アルブミン、rapid turn-over protein,ヘモグロビン濃度の低下は見られなかった。

このようにBMI に比べて体脂肪率の多い対象に対する減量指導では、今後さらに筋力トレーニングの必要性がある事が示唆された。

▲ このページのトップへ戻る